「日経平均」「TOPIX」上場企業主要2指標は何が違うのか?

こんにちは!

金融系ブロガーのハマネコです!

みなさんは単に「株価」というと、なにを思い浮かべますか?

おそらく多くの方は日経平均株価のことでしょう。

日経平均株価は日本経済の代表的な株価指標であり、景気動向の判断に多くの人・企業が参照しています。

しかし株価指標には他にも数多くありますし、東証一部上場を対象としているものに限ってもTOPIXという指標があります。

いったい、「日経平均」と「TOPIX」は何が違うのか?

今回はそこに焦点を当ててみました!

1.日経平均株価とは?

まずは、日経平均株価について詳しく見ていきます。

「日経225」とも呼ばれている通り、東証一部上場企業の中でも主要な225社に対象を絞っているのが特徴です。

なお、選定は日本経済新聞社が行っており、年に1回の見直しが行われます。

その225社の株価を平均化したものが、日経平均株価です(実際には整合性を保つため、修正がされています)。

スポーツでいうところの日本代表選抜みたいなものですね!

構成銘柄を見ていただければ、中学生でも知っているような企業がたくさん入っています。

この日経平均株価の特徴として、「値がさ株」とよばれる高価格株の銘柄に左右されやすい点があります。

株価は、必ずしも企業の大きさとは比例しません。

業界1位企業の株価よりも、2位以下の企業の株価の方が高いという場合は多々あります。

なので、「値がさ株=トップ企業」というわけではないんですね。

まあ、225社に選ばれているだけで充分すごいんですけど(笑)

その値がさ株に影響を受けるということは、特定の企業業績に左右されやすいということです。

例えば、日経平均株価のうち約10%をファーストリテイリング(ユニクロなどを展開する小売店)1社で占めます。(ちなみに、2位はソフトバンクで5%強です)

なので、ファーストリテイリングで株価の大きな変動があれば、日本経済の実態以上に日経平均株価が動く可能性があるということです。

そんな弱点もありますが、日経平均株価が日本経済の方向性を示していると十分に言えるでしょう。

2.TOPIXは日経平均より幅広い

もう一つの代表的な指数が、TOPIX(東証株価指数)というものです。

日経平均とは異なり、東証一部に上場している約2000全銘柄を対象としています。

純粋な株価の平均値ではなく、東証一部上場企業の時価総額を指数化したものです。

そして1968年1月4日時点の時価総額を100としています。

2020年1月現在では約1700で推移していますので、単純に考えると約50年で時価総額は17倍になったことになります(もちろん、様々な要因を考慮する必要はありますが)。

日経平均株価とは異なり、値がさ株のによる影響を受けないというメリットがあります。

一方で、時価総額の大きい企業による影響を受けやすくなります。

とはいえ時価総額が一番大きなトヨタ自動車でも3%程度ですので、日経平均株価におけるファーストリテイリングほどの影響はないですね。

日経平均株価とTOPIX

両者の違いを把握していると、より経済の動きに詳しくなれますね

では!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です