2020年1月第5週投資成績報告

こんにちは!

金融系ブロガーのハマネコです!

今回は1月第5週の投資成績を振り返ります

新型コロナに振り回され、大きな損失を被った方もいるのではないではないでしょうか?(私もその一人です笑)

結果としては損失を拡大させてしまいましたが、投資にも慣れてきたと感じる1週間でした。

1.今週のマーケットの動き

今週は、まさに新型コロナウイルスウィークといっていいでしょう。

27日に500円安もの大幅値下げで始まり、その後反発を見せるも30日に再び400円安

節目となる23,000円を、一時的に割り込んでしまいました。

31日こそ反発して終わり、日経平均は23000円を回復しましたが一時的なものと私は見ています。

今週は東アジア各国・地域で旧正月にあたり、マーケットが閉まる日が多いなかで、1週間を通してマーケットが開いていた東京に売りが集中したとの観測があります。

とはいえ、下落基調であることは変わらないですよね。

一方でアメリカ3指数はヨコヨコ相場といったところでしょうか。

中国経済のダメージが日本や欧州諸国ほど強くないことや、アマゾンやアップルなど大手ITの決算が良かったことがアメリカ相場の持ち堪えに寄与したみたいですね。

また、完全に話題を攫われてしまった感が否めませんがブレグジットも今週でした。

すでに織り込み済みの材料であり、離脱当日がマーケットに与えた影響はほぼないです。

しかし今後の「移行期間」の動向によっては、波乱要因になるかもしれません。

またFOMCの政策決定会合もありましたが日銀・ECB同様「現状維持」となっており、こちらも影響はありませんでした。

2.今週の投資成績

さて、今週の運用状況は上記のとおりです。

ブルベアをちまちま売買していたのは置いておいて、大きな動きとしては2点ですね。

一つが、昨年よりNISAで保有していたモーニングスター(4765)を売却したことです。

事業内容を加味し将来性を期待して購入しました。

現に今月中ごろまでは順調に伸びていましたし、月初のイラン問題の際もほぼノーダメージで期待感が個人的に高まっていた銘柄でした。

また、「貯蓄から投資へ」の流れから投資信託に関する情報の需要が高まってくると思ったので、ファンダメンタルズ的にもいいのかなと思っていました。

しかし、420円台をピークに株価は下がり続けてしまったので、下落トレンドに移ったと判断して売却してしまいました。

加えてずっと目を付けていたワコム(6272)も購入したのですが、買った後からずるずると下げたのでそうそうに損切

結果、今月もマイナスで終えてしまいましたね。

これで今月は3週連続のマイナス

そろそろ挽回したいところです(笑)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です