2020年4月第2週の振り返り

こんにちは!

金融系ブロガーのハマネコです!

いよいよ先週は緊急事態宣言が出されましたね。

それにもかかわらず、続伸を続ける株価

全く読めない相場が続きますね。

そんな先週の投資成績について、報告します!

先週の政治・経済の動き

先週のトピックスは、なんといっても緊急事態宣言の発動でしょう

これまで渋っていた日本ですが、6日に急遽緊急事態宣言の発動が有力視され、翌7日に7つの都府県で発動されました。

個人的には私が住んでいる愛知県も加えるべきだと思ったのですが、感染ペースが鈍化していることなどから見送られたようです(その後大村知事が要請を出すも、再度見送られる)

しかし宣言発動にもかかわらず株価は上昇を続け、日経平均株価は週間ベースで10%近くのプラスになりました。

アメリカ株が上昇しているのでそれにつられた形なのかなとは思いますが、実体経済がどんどん深刻化していく中での上昇は気味悪さを感じます。

そんなアメリカではまたもや600万人超の新規失業保険申請者となりましたが、トランプ大統領が追加の経済対策を発表したこともあり堅調な推移です。

そしてもう一つのトピックスは原油ですね!

4/10にOPECプラスの会合が開かれ、サウジアラビアとロシア間での減産が合意。

しかしメキシコの反発などで産油国の足並みがそろわず、一時28ドル台まで上昇していた原油価格は23ドル近辺まで下落しました。

それでも13日未明(日本時間)に開かれた緊急テレビ会談で最終的な加盟国間での減産合意に達し、ひとまず原油問題には終止符が打たれました。

とはいえ外出自粛が世界的に続く以上、原油の実需回復にはまだまだ時間がかかると思います。

先週の投資成績

さて、先週の投資成績です。

まずは日本株ですが、思いっきりの下手くそトレードでした泣

長期保有をすると決めていたランサーズ(4484)およびジャパンシステム(9758)ですが、価格が伸びてこなかったため思い「下がったところで再度インしよう」と思い売却。

その翌日から価格がぐんぐん上昇し始めました泣

「最初に決めたことを守れない」という、投資家にあるまじき行動をとってしまったのが反省です。

また、日経平均が前回の反発ラインである19,000円を超えていたので「反発が来るだろう」と判断し日経平均ベア(1360)を購入

しかし、一向に株価が反発する気配がないのでこれも短期損切りしました…

また、金曜日には購入したのが2銘柄

JXTGホールディングス(5020)は前回紹介しましたが、インテリジェントウェイブ(4847)は初登場になりますね。

主に金融系のオンライン決済を担っている企業です。

巣ごもり生活やテレワークの影響でオンライン決済の需要が高まれば、業績向上に向かうのではないか思い購入しました。

こんどこそ、欲をかかずに長期で保有していこうと思います(戒め)

続いて、米株です!

コカ・コーラ(KO)を買い増ししました。

加えて新しく購入したのが、エクソンモービル(XOM)です。

ご存じ石油メジャー最大手であり、OPECプラスの減産合意に伴う反発を見込んで購入しました。

現在株価は実体経済を伴わない上昇を続けており、いわゆる「2番底」が懸念されています。

今後も上昇を続ける場合もありますが、やはり2番底が来た時のため一定のキャッシュポジションは必要になってくるかなと思います。

では、先週のまとめです!

確定損益:-8,090円

含み損益:-47,527円

2020年累計:-18,796円
(うち実現損益:+28,731円)

株価反発につき含み損もだいぶ解消することができましたが、2番底懸念もあるためまだまだ予断を許せない状況ですね。

来週の動き

OPECプラスも終了したことで、来週は原油関連銘柄を中心に買い進めようかなと思います。

直接原油ETFを狙ってもいいですし、あるいはJXTGやXOMにリトライしてもいいかなと。

現在は原油価格が20ドル台前半で推移していますので、将来に向けて価格が上がることは容易に想像がつきます。

ただ、一時的に10ドル台を付ける可能性もあるので一括投資は厳禁ですね。

それから株価は前回の反発水準まで来ているので、ダブルトップをつけるのかそのまま突き抜けていくのかも気になるところです。

繰り返しにはなりますが常に一定の現金ポジションは保っておいて、2番底に備えるのが大切になってくるかなと思います!

では!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です