【振り返り】年金アドバイザー3級「学習体験記」

こんにちは!

20代投資家ブロガーのハマネコです!

このブログでも以前記事にし、またTwitterでもちょくちょく紹介していましたが、年金アドバイザー3級という試験を受けえる予定でした。

3月1日が試験日だったのですが、新型コロナウイルス感染拡大により4月29日に「延期」

さらに緊急事態宣言が出されたことによって、「中止」となってしまいました泣

本当は試験に合格して堂々と「合格体験記」的なやつを書きたかったのですが、儚い夢となってしまいました笑

しかし、せっかく勉強してきたので自身の振り返り、あるいはこれから試験を受ける人の参考になればと思い「学習体験記」として記事を書いていこうと思います!

年金アドバイザー3級とは?

年金アドバイザー3級とは、金融機関職員向けの検定試験である銀行業務検定の一つです。

あくまで金融機関職員向けの民間資格なので、合格したからと言って国家資格のような独占業務が与えられるわけではありません。

また金融機関職員以外でも受検することができるので、シルバービジネス関係や自己啓発のために受検する人もいます。

年金アドバイザーには他にも4級や2級があり、他の検定試験のように数字が小さくなるほど難易度が高くなります(なぜか1級はありません)

4級もありますが、3級から受験することが一般的です。

銀行業務検定自体は3月・6月・10月の年3回実施ですが、年金アドバイザー3級が実施されるのは3月と10月の年2回なので気を付けましょう(なお、2級は3月の年1回実施です)

試験は50問100点満点(1問2点)ですべて選択式問題

60点以上取れば合格となります。

なお、試験は基礎知識問題と応用問題に分かれています(後述)

試験範囲

名前の通り年金に関する問題が100%を占めますが、細かく分けると次の5つに分類されます。

①公的年金の仕組み→年金制度の概要について
②老齢給付→老齢基礎年金・老齢厚生年金について
③障害給付→障害基礎年金・障害厚生年金について
④遺族給付→遺族基礎年金・遺族厚生年金について
⑤その他年金→年金の事務処理や税制など

基礎知識問題編・応用問題編ともにこの5つの分野から出題されます。

問題数のウェイトとしては①公的年金の仕組みと②老齢給付の割合が大きく、⑤その他年金が中くらい、③障害給付と④遺族給付は少なめといった感じです。

また時事問題が直接出題されるわけではありませんが、常に最新の制度に基づいて出題されるので、参考書や問題集は古本を探すのではなく常に最新版をそろえることをおススメします。

あくまで体感ですが、FP2級の年金分野と同程度かやや難しいくらいの内容が問われます。

学習方法

さて、試験は基礎問題編と応用問題編の2つに分かれています。

配分としては基礎問題編が60点、応用問題編が40点です。

基礎問題編は完全に知識勝負なのに対して応用問題編は年金額などの計算がメインになるので、とにかく知識を身に着けて基礎問題編の攻略を優先しましょう。

基礎問題編は、覚えてしまいさえすれば安定して得点を取ることができます(逆に応用問題編は、数学の試験みたいに計算ミスなどの怖さがあります)

また年金アドバイザー3級の試験の特徴としては、毎年同じような問題が同じような順番で出題されるというところです。

過去問の数字を変えただけ、文言を変えただけといったケースが山ほどあります。

まさに、過去問の焼き直しといっても過言ではないでしょう。

なので、過去問演習がとても大切になります。

使うテキストは試験の運営母体である経済法令研究会が出版している「公式テキスト」および「問題解説集」だけで十分かと思います。

通常の資格試験であれば「テキストを読んで内容理解→問題演習」という流れが一般的ですが、今回は逆です!

問題解説集を参照ながら、出題された箇所を公式テキストで深堀していくのが効率の良い勉強法だと思います。

なぜなら試験は過去問をベースにしているうえに、公式テキストでは過去ほとんど問われていないような事項も網羅的に解説されているからです。

なので、テキストをじっくり読んでいては「試験におおよそ出ないであろう項目にも時間を使う」ことになるので、大きなロスになります。

たとえ初見は分からなくても問題に取り組み、出題される個所を把握しておくことが攻略のポイントですね!

あとは、それが知識として定着するまで繰り返しましょう!

…と、試験に合格してもないヤツが偉そうに書き連ねてしまいました(笑)

まあ一つの参考にしていただければ、ありがたいです!

個人的な話ですが、次は3級は受けずに2級に挑戦してみようと思います。

3級合格のため身に着けるべきことはすでに終えたしまったので、同じことを繰り返すよりはステップアップしたほうがいいと思うので。

でも、そもそもこうした検定試験類も今年は開催できるのか不安ですね…

新型コロナウイルス

早く終息してほしいです!

では!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です