夜の日課?ワールドビジネスサテライト(WBS)はどんな番組?

こんにちは!

20代投資家ブロガーのハマネコです!

いよいよ全国に緊急事態宣言が出され、東京や大阪以外でも家で過ごす方も多くなってきたのではないでしょうか?

私は愛知県に住んでいるのですが、休日はひたすら家にいます。

そんな巣ごもり生活に欠かせないのがテレビですよね。

特に投資家の方であれば、夜のニュース番組を見てから寝るという方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな夜のニュースでも、とりわけ投資家に人気のワールドビジネスサテライト(通称WBS)についてまとめてみました!

ワールドビジネスサテライトとは?

ワールドビジネスサテライトは、テレビ東京が放送している夜の経済番組です。

番組名:ワールドビジネスサテライト(通称WBS)
系列:テレビ東京
放送日:月~金(休日含む)
放送時間:23:00~23:58
メインキャスター:大江麻理子、須黒清華

同局では、朝のモーニングサテライトとともに経済番組の二大看板ともいえる存在ですね。

意外な方もいるかもしれませんがテレビ東京は経済番組に力を入れており、他にも「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」などの有名経済番組を抱えています。

よく一局だけ緊急特番を組まないことから「俺たちのテレ東」なんて言われていますが、日本経済新聞社の系列なので当然かもしれませんね。

内容は経済特化だがモーサテとは差別化も

ワールドビジネスサテライト(以下WBS)という名前の通り、内容は経済特化になっています。

なので芸能やスポーツなどはよほどのことがない限り取り上げていません。

一方で、もう一つの冠番組であるモーニングサテライト(通称モーサテ)との差別化が図られています。

モーサテは経済の中でも市況、すなわち株価や為替などがメインになっており、投資家や金融関係者特化と言えます。

それに対してWBSは経済にまつわる社会的背景や今後の展望、あるいは企業の取り組みなどを、金融系以外の人にも分かるような平易な言葉で伝えています。

なので、投資の世界でいうファンダメンタルズ分析に役立つ内容構成となっています

具体的には番組の前半でその日の国内外のタイムリーな動き、中盤では特定の地域や企業に密着した特集が組まれることが多いです。

また終盤は「トレンドたまご」というコーナーで試作中の商品や技術の特集が組まれています。

投資の世界に限らず社会的な動向に関心のある方は、ぜひ視聴してみてはどうでしょうか?

見逃し防止のBOD

WBSの難点があるとすれば、その放送時間ですね…

番組終了は24時になるので、朝早い人からすれば最後まで見るのは厳しいものがあります。

また仕事で疲れ切っている日なんかは、番組を見ることなく寝落ちしてしまうかもしれません。

そんな見逃し防止として活用できるのが、BOD(ビジネスオンデマンド)という動画アプリです。

BODはテレビ東京がリリースしている経済案組用の動画アプリです。

月額500円でWBSやモーサテをはじめとする経済番組をスマートフォンやタブレットで視聴することができます(一部機能は無料でも使えます)

ダウンロード機能を使えば電波の届かないところでもみることができるので、例えば「翌朝の通勤電車の中でWBSをみる」なんて活用方法もあります。

500円を高いと取るか安いと取るかは人それぞれですが、私も自己投資の意味も含めて活用しています!

WBSをルーティーンの一つに組み入れてみてはいかがでしょうか?

では!

Follow me!

夜の日課?ワールドビジネスサテライト(WBS)はどんな番組?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です