スポンサーリンク

【ネオモバ】1株投資はメリット多!SBIネオモバイル証券で口座開設!

こんにちは!

20代投資家ブロガーのハマネコ(@hmnkbsnss_blog)です!

みなさんは、SBIネオモバイル証券という証券会社はご存じでしょうか?

通称「ネオモバ」(以下、「ネオモバ」と呼称)と呼ばれる証券会社で、日本株に1株から投資できる珍しい証券会社です。

ハマネコ自身は楽天証券でずっと取引をしていたのですが、日本株への1株投資もしてみたくてついに口座開設してしまいました!

そこで今回の記事では、ネオモバの口座開設をした経緯、そして1株投資のメリット(客観・主観別)について書いていこうと思います。

ネオモバでの口座開設を検討している方、または日本株への1株投資をしてみたいなという方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

日本株への1株投資を始めたかった

ネオモバで口座開設した理由は、

「日本株への1株投資をしてみたかったから」

です!

日本株には単元株制度というものがあります。

具体的に言えば、100株単位でしか売買できないというものです。

例えばユニクロ・GUの持ち株会社であるファーストリテイリング(9983)の株を買おうと思ったとします。

2021年5月現在は1株=9万円ほどなので、9万×100=900万円の資金が必要となります。

たった一つの銘柄に900万円も、普通は投資できませんよね(笑)

今の話は極端とはいえ、1株数千円するのが一般的ですから、数十万円の資金が必要となります。

要するに、現行制度の下で日本の株を買うには多くの元手が必要になるのです。

日本で個人の間に株式投資が広まらない根源だとも、考えています(笑)

この単元株制度を破り、日本株への1株投資を可能にしたのがネオモバなのです!

1株投資は魅力!(客観的メリット)

1株投資のメリットは「少額からできる」ことであることは述べましたが、もう少し堀り下げると以下の2つの客観的なメリットがあると考えています。

①ドル・コスト平均法に近い効果
②銘柄の分散

まず「①ドル・コスト平均法」ですが、これはつみたてNISAなんかでよく取り上げられる投資手法ですよね。

以下、日本証券業協会の『投資の時間』というコンテンツから引用させていただきます↓

URL:https://www.jsda.or.jp/jikan/word/090.html

要するに、

買付タイミングをバラバラにすると平均購入単価がならされるから、リスクを抑えられるよね!

という話です。

1株投資であれば買付タイミングをバラバラにできるので、投資信託の積立と似たような「平均購入単価の平準化」が期待できるのです!

(もちろん単元株購入でもできなくは無いですが、それなりの資金力が必要となります)

そして②銘柄の分散ですが、特定の銘柄への集中投資はハイリスクになります(もちろん、ハマればリターンはでかいのですが)。

どれだけの優良企業で、チャートの形状もよくて、将来的に期待のできるビジネスモデルだったとしても、行政の方針や一回の不祥事で暴落してしまうのが個別株の恐ろしいところです。

それが表に出たころには、大口の機関投資家はすでに売り抜けていて株価は暴落…

情報量で劣る個人投資家側からすれば、自然災害のようなものです。

完璧な企業は存在しない以上、個別株投資をするうえで避けては通れません。

このリスクに付き合うにはどうすればいいのか。

それは、できるだけ保有銘柄を分散させることです。

そして限られた資金力で分散投資をするには、1銘柄あたりの資金はどうしても抑える必要があります。

その点で、1株投資は単元株投資よりも優れているのです!

いろいろな銘柄に関心が沸く(主観的メリット)

今まで述べてきた2つのメリットは、いずれも客観的なものです。

ドル・コスト平均法や分散投資は、資産運用の鉄則ですよね。

ここでハマネコ的には、もう一つ主観的なメリットを付け加えたいと思います!

それは

いろいろな銘柄に関心が沸く

というものです!

Twitterや新聞のマーケット欄、あるいは『日経マネー』などの投資情報誌では、ときおり個別銘柄に関する情報も目にしますよね。

いままではそういった情報を見て「面白そうだな!」と思っても、株価が高ければ「どうせ買えないし…」とその時点で興味を失っていました。

購入できない以上、どうしても他人事感が出てしまったんですよね。

しかし1株投資ができるようになることで、今までは手が届かなかった銘柄も購入対象になるので情報への感度も高まりました!

これは思わぬ副産物です。

特に私みたいに、頻繁に個別株単元売買を出来るほどの投資資金が無い方はぜひ始めてみるといいのかなと思います!

ネオモバのデメリットは?

ネオモバのメリットばかりを書き連ねてきましたが、残念ながらこの世に完璧なツールなど存在しません。

最後にネオモバのデメリットについて、簡単に述べておこうと思います

・成行注文しかできない(指値不可)
・口座維持手数料が掛かる
 →月額220円(税込)。ただしTポイントが200pt/月進呈される。
・アプリの操作性
 →買付時には、一度webブラウザに飛ばされる

このあたりに気を付けたうえで、1株投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!?

では!


【ブログランキング&SNS】

ブログランキング参加してます!

よかったら、ポチっと押して行ってください!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

またSNSもやっております!

Twitterでは日々の投資や経済に関連する話題を、Instagramでは会社員投資家としての日常を投稿していく予定です!

よかったら、フォロー&チャンネル登録お願いします!

Twitter→@hmnkbsnss_blog

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました