スポンサーリンク

【メリット&デメリット】若いうち・元手が少ないうちの高配当戦略は有効なのか


こんにちは!

20代投資家ブロガーのハマネコ(@hmnkbsnss_blog)です!

先日1年の折り返しということもあり、年後半の目標について記事にしました。

その記事内でも言及したのですが、

投資の方針を固める

というのが目標の一つです。

インデックスファンドの積立投信は続けるのですが、高配当投資についてチャレンジしようかどうか悩んでいます(笑)

そこで今回の記事では、自身の思考整理も兼ねて「若者や元手が少ない人」という視点のもと高配当投資をするメリット・デメリットについてまとめてみたいと思います。

※すでに元手が数千万ある人は、文句なしで高配当戦略でいいと思います(笑)

スポンサーリンク

高配当投資のメリット

高配当投資のメリットは

・インカムゲイン

ですよね!

株を保有しているだけで、無配転落しなければ半永久的に配当金が手に入るわけです。

またインカムゲインが手に入ることから、

・「出口戦略」を考えなくてもよい

という点も挙げられます。

インデックス投資にありがちなのですが、「積み立てた資金をいつ・どのように・どれだけ使うんだ」という問題が長期投資に発生します。

その点、高配当投資はただ配当金を消費すればいいだけでので楽ですよね。

高配当投資のデメリット

では高配当投資のデメリットはというと

・パフォーマンスは劣る
・減配&無配リスク
・元手が少ないと効果を実感しにくい

とくに若いうち、元手が少ないうちだと最後のデメリットは深刻ですよね!

100万円を、一般的に高配当と言われる4%の配当利率の株に投資したとして、得られる配当金は3.2万円(税金加味)
月々に換算すれば、3,000円にも満たない額
(もちろん元本の値動きは別に存在しますが)
もし同じ金額をNASDAQに投資していれば20万円の含み益があったかもしれない…

そう考えると、特に若い年代の方で高配当投資を採る人が少ないのも納得です。

ちなみに、ここで「インデックス投資とかである程度資産が大きくなってから、高配当投資に切り替えればいいんじゃね?」という声も聞こえてきそうです。

理論的にはそうなのですが、ちょうど最近リベ大でも動画がUPされていたように、実際に行動するのは難しいと思います↓

結論:ハマネコはどうするのか

以上のメリット・デメリットを勘案した結果ですが、ハマネコは高配当戦略を採っていこうと思います!

理由はやはり、出口戦略を考えなくてもよいという点ですね。

自分の性格的に、積み立てたインデックスファンドを適切なタイミングで切り崩せるとは思えないので(笑)

とはいえ投資できる資金は限られているので、少なくとも向こう数年は効果を実感できないでしょう。

またインデックスファンドの積立投資も、もちろん継続していくつもりです。

エンゼルスの大谷選手じゃないですけど、二刀流ですね(笑)

では!

【ブログランキング&SNS】

ブログランキング参加してます! 

よかったら、ポチっと押して行ってください!


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

Twitterでは日々の投資や経済に関連する話題のほか、ハマネコ個人のことも呟いています!(笑)

Instagramでは投資や経済のほか、政治・時事問題などの解説をしています!

よかったら、フォローお願いします!

Twitter→@hmnkbsnss_blog

Instagram→@hmnkbsnss_blog

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました