スポンサーリンク

【緊縮財政派】財務省事務次官の寄稿の件

こんにちは!

ハマネコ(@hmnkeconomics)です!

14日に衆議院が解散され、いよいよ選挙モードに入りましたね。

もちろん最大の争点は新型コロナ対策になるのでしょうが、次点ともいえるのが経済対策です。

与野党ともにいわゆる「バラマキ型」の政策を掲げていますが、そこに待ったをかけたのが先週末に生じたこの報道です↓

簡単に言えば、「バラマキ政策を財務省の事務次官が批判した」という内容です。

私的に違和感を覚えたので、今回記事にしました。

スポンサーリンク

財務省曰く日本は財政破綻しない

そもそも日本は財政破綻をするのか?

これに関しては、私よりはるかに詳しい方々がいろいろな意見を述べているのでここでは割愛します。

その代わりに、一つの衝撃的(?)な事実をここで紹介しておきます。

それがこの画像です↓

財務省公式HPより(URL:https://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/p140430.htm)

見ての通り財務省の公式HPですね。

「外国格付け会社意見書要旨」なんて難しいことが書いてありますが、要するに日本国債を評価する格付け会社(S&Pやムーディーズ、フィッチレーティングスなど)向けのメッセージです。

「デフォルト(財政破綻)はあり得ないから日本国債の格付けを上げてくれ」って言ってますね(笑)

財務省が、日本は財政破綻しないと言っているのです。

それにもかかわらず、事務方トップである矢野事務次官が財政破綻の警鐘を鳴らしているのはおかしな話です。

民間企業に例えれば、HPに書いてあることと社長の発言が180度異なっているようなものです(笑)

実際に破綻するかどうかはともかく、本来財務省の人間であれば「財政破綻はしない」と主張するべきです。

財務省は上ばかり見るな

財政破綻はしないというのが財務省、ひいては日本政府の公式見解であることは分かりましが、矢野氏が個人的に「日本は財政破綻する」と心の中で思うのは問題ありません(公務員でありながら寄稿するのはどうかと思いますが…)

営業マンの誰もが、自社製品をNo.1だと思っているとは限らないですし、それでも営業しなくてはいけないですからね(笑)

とはいえこの財政破綻論、緊縮財政論者は財務省や国会議員のなかにもいまだに多く存在します。

しかしこれだけ国民が苦しんでいるのに、その生活よりも国の帳簿を優先しようとする姿勢はいかがなものでしょうか?

私はここに、違和感を覚えます。

「積極派vs緊縮派」で議論を戦わせるのは大いに結構ですが、それは平時にしてもらいたいです。

きっと彼らの眼には、苦しんでいる国民は写っていないのでしょう。

金持ち同士の権力闘争でのし上がってきた人たちなのだから、無理もありませんと皮肉を込めて書かせていただきます泣

【ブログランキング&SNS】

ブログランキング参加してます! 

よかったら、ポチっと押して行ってください!


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

Twitterでは日々の投資や経済に関連する話題のほか、ハマネコ個人のことも呟いています!(笑)

よかったら、フォローお願いします!

Twitter→@hmnkeconomics

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました